ロールオーバー

GeneTradeにおけるロールオーバーのメリット
低額かつ透明性のあるスワップレート
ペアの金利差とスポット価格で規定
オーバーナイトポジションで稼ぐ時のクレジット最大化

ロールオーバーは、最終的な利益に影響し、収益となるか損失となるかを決める取引の側面です。仕組みを完全に理解して、良い影響を受ける側にいることを確認することが鍵となります。ではロールオーバーとは何でしょうか?基本的に、FXとは、ある通貨を借り入れて別の通貨を購入することであり、一日が終了し、ポジションを次の取引日までロールオーバーすると、借入通貨に金利がかかり、購入通貨で支払う金利も発生します。GeneTradeでは透明性があり安いスワップレートを提供することにより、ロールオーバーの利益を簡単に獲得できます。

水曜日のロールオーバー

ロールオーバーを計算するときに重要なのは、水曜にオープンとなったままの取引は、3日分のロールオーバーとなる点を注目していただくことです。FXポジションの標準決済期間は2営業日です。水曜日22:00 GMTにオープンしたポジションは木曜日にロールオーバーされますが、週末のために、決済まで3日のロールオーバーとなります。このロールオーバー金利を活用して、低金利通貨を売却する一方で、高金利通貨を購入して、キャリートレードを試すことを希望されるトレーダーがいらっしゃるかもしれません。

ロールオーバーの計算

ロールオーバーの計算に、ツールの利用を好まれるかもしれませんが、バックグラウンドで行われている計算を理解しておいても、メリットがあるかもしれません。

ロールオーバーの基本計算式は次の通りです。
ロットサイズ x (ベース通貨の短期金利 – クオート通貨の短期金利)/ (365 x 為替レート)

例をあげます。USD/CHF(米ドル/スイスフラン)を1ロット購入し、USD短期金利が1.75、CHFが0.25、為替レートが0.935とします。

{100,000 x (1.75% – 0.25%)}/(365 x 0.935)=4.395

ポジションに基づき、USD $4.40のロールオーバー債務が発生、または口座にUSD $4.40の信用貸しとなります。

市場は24時間取引が可能ですが、22:00 GMTを取引日の開始時間であり、終了時間と考えます。21:59 GMTにポジションがオープンになっていれば、ロールオーバーの対象です。

FeedBack

We'd love to hear your feedback!